模型の手入れポイント

1番ゲージのように商品展開の少ない希少価値がある鉄道模型とは言え、状態がひどければ高価買取は期待できません。少しでも良いで状態をキープしておくことが高価買取には欠かせない条件です。そのためにケースや説明書なども付属品は必ずそろえておく必要があります。付属品まで含めて鉄道模型であるということを忘れてはなりません。

買取査定を依頼する前には車体のほこりや汚れなどを丹念に落としておく必要があります。1番ゲージは車体が大きい分、汚れなどが目に付きやすいのです。車輪についているスパーク(走行時につく黒い汚れ)なども丁寧に落としておきましょう。スパークは模型の安定した走行を妨げることもあるので必ずチェックしておきたいものです。

走行テストも忘れずに行っておきます。いかに車体を美しく磨き上げても走らなければ意味がありません。自宅で走行テストができない場合は近くのショップに持ち込んで試してもらうと良いでしょう。このようなメンテナンスは普段から行っておくのが望ましいです。売り出す直前にいくら手をかけても、普段ぞんざいな扱いをしていては状態の回復にも限界があります。少しでも高く買い取ってもらうためには、愛情のある日常的な手入れが不可欠なのです。